交通事故は警察に届ける

交通事故が起きた時、自分自身に保険に加入していないからといって、警察への連絡をしなかったりするようなドライバーもいます。
確かに無保険の状態で事故を起こしてしまうというのは非常に不利な状態となりますから困るのは間違いありませんが、ドライバーとして必ず警察に届け出なければならないということが道路交通法で決められていますので必ず連絡をしましょう。
事故の加害者が無保険であった場合には被害者が非常に困ることになりますが、その時どうすれば良いのかについて知識を持っておくと良いです。

また仕事中に起こしてしまった交通事故に関しては自分が無保険の状態であっても自賠責保険をはじめとして、会社にもある程度の責任がありますので会社側に負担してもらうことも可能です。
その他事故の加害者が未成年であった場合には保険に加入している可能性は少なく、補償問題について被害者は不安になってしまいますが、このような場面でも未成年の保護者が代わりに補償してくれるようなケースもあります。
責任問題や補償問題について、実際に事故に遭ったことがなければわからないこともありますが、車の運転やバイクの運転をするドライバーとしてこのような部分での知識を持っておくのは非常に大切なことです。

人種した通り、自分が被害者になってしまった際にも加害者が保険に入っていなかったらどうすれば良いのかを知ることで自分が感じる不安も少なくなります。
もちろんこういったことを防ぐため任意保険に加入しておくのが大前提ですが、中には自分の運転技術に自信を持ち、保険に加入していないドライバーがいるのも事実です。

Copyright © 2014 交通事故と無保険 All Rights Reserved.